buffalo NASデータ救出2

2度目のNASからデータ救出を行ったのでメモ。

前回、Buffalo NAS LS-VLデータ救出より難易度が高かったのでメモ。

  1. 1.NASからハードディスク取り出し。(元に戻す必要はないため強引に分解)
    取り出したHDDはWD Green 1TBでした。
  2. 2.FIDECO ドライブ変換アダプタを使用し、外付けハードディスクとしてubuntuのPCに接続
  3. 3.ubuntuでマウント。。。。。。。できない。
  4. 4.xfs_repairコマンドで直る場合があるらしいとの事なのでコマンドから「sudo xfs_repair /dev/sdb6」実行
  5. 5.エラー「xfs_repair: V1 inodes unsupported. Please try an older xfsprogs.」なんとxfsprogsが新しいのでダメだと・・・そんなことあるん?
  6. 6.過去のKNOPIXならば可能との情報があったので手元にあったKNOPIX7.0.2CDからPC起動。
  7. 7.コマンドから「sudo xfs_repair -L /dev/sdb6」実行>途中カーネルパニック?のようになったので絶望を覚えながら、とりあえず終了。
  8. 8.通常のubuntu起動。なんとファイルが見れた。(マウントOK)
  9. 9.急いで外付けSSD(NTFS)にファイルをコピー
  10. 10.windows10にバックアップ。無事終了!

今回の件で過去にlinuxで遊んでいたのが功を奏しました。
また、NASもRAID1でミラーリングをしていても、NAS自体が壊れることもあるのでNASのバックアップの重要性を感じました。



amazonへのリンクはこちら